TOEFL ライティング 英語資格

TOEFLライティング28点が教える!【入門】内容と解き方

TOEFL ライティング 入門
TOEFLライティングってどんな特徴なの?
具体的にどう書いていけばいいのかわからない…
TOEFLのライティングは慣れないとなかなか難しいですよね。私もはじめは苦労しましたので、そんな悩みにお答えします。

今回も、日本生まれ日本育ち。TOEFLライティング28点、TOEIC4技能満点の私が解説します! 普段TOEFLを指導している中でも話していることを全てお話ししますので、最後まで読んでくださいね。

 

TOEFLライティングの2つのタスク

まず、TOEFLライティングには以下の2つの課題があります。

 試験時間内容
Integrated Task20分リーディングと講義をまとめる。
Independent Task30分トピックに対して意見をまとめる。

それぞれ全く違う内容になりますので、それぞれ見ていきましょう。

 

Integrated Task

先ほどの表にも書いてあった通り、Integrated Taskではリーディングの内容と講義の内容をまとめるというのが課題です。

自分の意見を書くようなエッセイではないため、慣れていない人は難しく感じるかもしれません。

実際私も、はじめのうちはどのように書いたらいいのか悩みました。

しかしこのIntegrated Task、実は構成がかなり固まっているので、中身を知って対策をすれば簡単に感じるようになるはずです(※リスニング力があれば)

 

長いですが、サンプルがあるとわかりやすいと思いますので、以下公式サイトから引用です。

Directions: Give yourself 20 minutes to plan and write your response. Your response is judged
on the quality of the writing and on how well it presents the points in the lecture and their
relationship to the reading passage. Typically, an effective response will be 150 to 225 words.
You may view the reading passage while you respond.

Response time: 20 minutes

Question: Summarize the points made in the lecture, being sure to explain how they cast doubt
on specific points made in the reading passage.

 

リーディングの内容

In an effort to encourage ecologically sustainable forestry practices, an international organization
started issuing certifications to wood companies that meet high ecological standards by
conserving resources and recycling materials. Companies that receive this certification can
attract customers by advertising their products as “ecocertified.” Around the world, many wood
companies have adopted new, ecologically friendly practices in order to receive ecocertification.
However, it is unlikely that wood companies in the United States will do the same, for several
reasons.
First, American consumers are exposed to so much advertising that they would not value or even
pay attention to the ecocertification label. Because so many mediocre products are labeled “new”
or “improved,” American consumers do not place much trust in advertising claims in general.
Second, ecocertified wood will be more expensive than uncertified wood because in order to
earn ecocertification, a wood company must pay to have its business examined by a certification
agency. This additional cost gets passed on to consumers. American consumers tend to be
strongly motivated by price, and therefore they are likely to choose cheaper uncertified wood
products. Accordingly, American wood companies will prefer to keep their prices low rather
than obtain ecocertification.
Third, although some people claim that it always makes good business sense for American
companies to keep up with the developments in the rest of the world, this argument is not
convincing. Pursuing certification would make sense for American wood companies only if they
marketed most of their products abroad. But that is not the case—American wood businesses sell
most of their products in the United States, catering to a very large customer base that is satisfied
with the merchandise

 

リスニングの内容

Well, despite what many people say, there’s good reason to think that many
American wood companies will eventually seek ecocertification for their wood
products. First off, consumers in the United States don’t treat all advertising the
same. They distinguish between advertising claims that companies make about
their own products and claims made by independent certification agencies.
Americans have a lot of confidence in independent consumer agencies. Thus,
ecologically minded Americans are likely to react very favorably to wood
products ecologically certified by an independent organization with an
international reputation for trustworthiness.
Second point—of course it’s true that American consumers care a lot about
price—who doesn’t? But studies of how consumers make decisions show that
price alone determines consumers’ decisions only when the price of one
competing product is much higher or lower than another. When the price
difference between two products is small—say, less than five percent, as is the
case with certified wood— Americans often do choose on factors other than price.
And Americans are becoming increasingly convinced of the value of preserving
and protecting the environment.
And third, U.S. wood companies should definitely pay attention to what’s going
on in the wood business internationally, not because of foreign consumers, but
because of foreign competition. As I just told you, there’s a good chance that
many American consumers will be interested in ecocertified products. And guess
what, if American companies are slow capturing those customers, you can be sure
that foreign companies will soon start crowding into the American market,
offering ecocertified wood that domestic companies don’t.

公式サイトより

 

リーディングとリスニングの内容はかなり長かったと思います!

なので、読む・聞く力がないと難しいですので、スラスラ読めなければまずそちらを頑張りましょう。

 

Integrated Task の構成詳細

では細かくIntegrated Taskの構成を見てみましょう。

大きく分けて、リーディング、リスニング、ライティングの3つのパートがあります。

 

 時間内容
①リーディング3分トピックと主張を3つ理解する
②リスニング2分程度リーディングの内容に関する反論を理解してメモする(聞けるのは1回のみ)
③ライティング20分リーディングの内容とリスニングのメモを基に、エッセイを書く(リーディングは再度表示されます)

 

Integrated Task(統合型)という問題だけあって、リーディングもリスニングも使う問題になっています。

 

ここで大事なことは「レクチャーのポイントをまとめる」というのが課題だことです。(上のサンプル問題でもSummarize the points made in the lectureと書いてあります)

そのため、リスニングではできる限り聞き逃さないように聞き取り、それを中心にエッセイを組み立てる必要があります。

書いている最中にリーディングの文章は再度表示されるので、たくさん書きたくなりますが、リーディングからは最低限の情報にします。

 

 

時間配分

では実際にIntegrated Taskのエッセイを書く時には、どのような時間配分で書けばいいのでしょうか?

それはこちらを参考にしてください。

時間配分
1~2分構成プランニング
16~18分エッセイを書く
1~2分見直し

 

構成プランニング

Integrated Taskでは、構成をプランする時間はそこまで必要ないかもしれません。

メモをした内容を読み直して、後で読めなくなりそうなところをキレイに書き直して置いたり、書けなかったけど覚えていることをつけ足しておくといいでしょう。

あまり聞き取れたことがない場合にはプランニングすることもないはずですので、早めに書き始めてしまいましょう。

 

エッセイを書く

当たり前ですが、ここに一番時間を割きたいところです。

あとで段落の構成の仕方はお話ししますが、全部で4段落書くことになります。

 

最後まで書けないと大幅にスコアダウンは間違いないので、この時間内で書き終えるようにしましょう。

また、最後の見直しの時間も必ず取りたいですので、時間いっぱいまでは書かないことを目標にしましょう。

もちろん、最後まで書き終えていない場合には、見直しの時間は諦めて最後まで時間を使ってください。

 

 

見直し

最後の1~2分はとても大切な見直しです。

間違うことなく書ける受験者はほぼいないと思いますので、必ず自分の間違いを直せるようにしましょう。

スペルミスを直すのはもちろんですが、主語+動詞のセットが各センテンスにあるかどうかは必ず確認してください。

 

必死に書いていると、長い名詞のカタマリだけあって、動詞がない文を書いてしまう人もいます。

そのように致命的なミスがあると、文法のミスとして減点されることはもちろんですが、何より話の流れがわからなくなってしまうこともあります。

 

そのため、できる限りこの見直しのために時間を残し、大きなミスがないかは必ず確認してください。

私自身、TOEFL28点を取ったときでも一つのセンテンスに主語+動詞がないことに最後に気が付いて、焦って直しました。皆さんも気を付けるようにしてください!

 

エッセイの構成

では最後に、エッセイはどのように構成していったらいいのかお話ししましょう。

Integrated Taskでは、リーディングとリスニングの内容をまとめるという課題ですし、それらの構成もほとんど決まっています。

 

そのため、以下の構成を参考にしてみてください。

 リーディングリスニング自分が書くエッセイ
第1パラグラフイントロイントロイントロ
(Lecture はArticleに反論してます)
第2パラグラフ理由①理由①への反論理由①まとめ
(Lectureはこの理由で理由①に反論してます)
第3パラグラフ理由②理由②への反論理由②まとめ
(Lectureはこの理由で理由②に反論してます)
第4パラグラフ理由③理由③への反論理由③まとめ
(Lectureはこの理由で理由③に反論してます)

 

パラグラフライティングなど難しいことはあまり考えなくても、この構成に従って書いてもらえれば全く問題ありません。

そのため、慣れてしまえばとにかく書くのみです!

 

また、構成が決まっているからこそ、使う英語も限られてテンプレート化できます。

テンプレートが欲しいという方はぜひ下からご覧ください。

TOEFLライティング28点取ったテンプレ大公開!【※注意点も】

 

Independent Taskとは?

Independent Taskは、TOEFLライティングの2問目になります。

 試験時間内容
Integrated Task20分リーディングと講義をまとめる。
Independent Task30分トピックに対して意見をまとめる。

 

1問目のIntegrated Taskとは違って、とてもシンプルな構成です。

問題文を見てみましょう。

Directions: Read the question below. Give yourself 30 minutes to plan, write, and revise your
essay. Typically, an effective response will contain a minimum of 300 words.

Reading Time: 30 minutes

Question: Do you agree or disagree with the following statement?

"Television advertising directed toward young children (aged two to five) should not be allowed."

Use specific reasons and examples to support your answer.

公式サイトより

 

一言で言えば、○○という主張に賛成か反対か、300文字以上でまとめなさい」というだけのシンプルな指示です。

ただし、シンプルだからこそ自分で構成や時間配分を決めないといけないので、注意しましょう!

 

※ ちなみに文字数に関しては、高得点を狙うなら300字以上書くべきです。

その理由を知りたい方はこちらをご覧ください。

TOEFLライティング:文字数よりも大切なたった1つのこと

 

 

Independent Taskの時間配分

Independentタスクでも同じように、プランニング、書く、見直すの3つを行います。

時間配分は以下の通りです。

時間配分
2~3分構成プランニング
25分程度エッセイを書く
2~3分見直し

 

構成プランニング

こちらのタスクでは、構成のプランニングは特に大切にしてください。

構成がしっかり決まっていないと、英語がうまくても意味不明なエッセイになってしまいます。

意味がわからない構成というのは、単に文法ミスがあるだけよりも大きなミスになりますので、気を付けてください。

 

そのため、本当に何も浮かばなくて時間が必要であれば、もう少し時間をとっても構いません。

それくらいプランニングは大切だと思ってください。

 

エッセイを書く

構成がしっかり作られていれば、ここでは書くだけです。とてもシンプルですね。

迷わずに、止まらずに書けるくらい、プランニングをしっかりとしておきましょう。

 

Independent Taskでも、ある程度いつものテンプレート的な型は決めておいた方がいいです。

パラグラフライティングをよく知らない人や、テンプレートを知りたいという方はぜひ以下の記事を読んでみてください。

TOEFLライティング28点取ったテンプレ大公開!【※注意点も】

 

見直し

最後の見直しは、Integrated Taskで書いたのと同じです。

スペルミスや、主語+動詞が正しいかチェックしましょう。

 

また、Independentでは300字から、長い人では400字以上書く人もいます。

長いエッセイになりますので、その分見直しの時間も長くなりますので注意してください。

 

まとめ

今回はTOEFLライティングの内容と解き方をまとめました。

ですが、内容と解き方がわかっただけでは高スコアは出ませんので、しっかり練習してくださいね!

 

また、これとは別に採点基準もわかっていると勉強もしやすいですので、ぜひ以下も参考にしてみてください。

TOEFL ライティング 採点基準
TOEFLライティング採点基準を深掘り!スコアを上げる3つの要素

TOEFLライティングって採点基準どうなってるの? 採点基準通りに書いて、スコアを上げたい! そんな悩みにTOEFLライティング28点の私がお答えします! 採点基準がわかるとスコアも取りやすくなります ...

続きを見る

 

何となくわかったけど、一人でやれる自信がない… 
そうですよね!そういう方はぜひ、私の英語コーチングにお越しください!

特にTOEFLのライティング・スピーキングは一人で勉強することが難しいセクションです。

何人もTOEFLの指導をしてきましたが、やはり自己流で勉強しているとかなり遠回りしてしまっているのをよく見ます。

 

しかし、今流行っている英語コーチングを使えば、最短距離でTOEFLのスコアを伸ばすことができます。

ですが英語コーチングは、効果が高いだけにとても人気で、何よりとても高額なサービスです。

 

ですが、今話題の英語コーチングを大手スクールの半額で受けられてしまうチャンスがあります!

しかも英語指導のクオリティは大手よりも高い自信があります。

 

遠回りをするのはもったいないですので、最短でTOEFLのスコアを伸ばしたい方はぜひ以下をご覧ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

英語コーチング
話題の英語コーチングを平均の半額で受けるたった1つの方法

TOEICやのスコアを効率的に上げて、就活・転職でアピールしたい! TOEFLのスコアを取って、留学・進学したい! 最短で英語が話せるようになりたい! 英語コーチングに興味があるけど、高くて手が出ない ...

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

西牧健太

TOEIC 990点、TOEIC SW各200点(満点)で4技能満点。英検1級、TOEFL112点。海外に一歩も出ずに、日本での独学でTOEIC990点を取りました。その後、コーチング英会話スクールTORAIZにてコンサルタントとして教え、TORAIZ語学研究所 所長に就任。今までに教えてきた生徒数は数百名。特に日本での英語学習に困っている方に有益な情報をお届けします!

-TOEFL, ライティング, 英語資格

© 2021 Makieigo Powered by AFFINGER5